不動産の名義変更って、自分でできる?

不動産の名義変更って、自分でできる? column 不動産の名義変更って、自分でできる?

不動産の名義変更って、自分でできる?

column 不動産の名義変更って、自分でできる?

不動産の名義変更は、自分でできるのかな?
できない場合は、誰に相談すればいいんだろう?

 

 

自分でもできるの?

 

不動産の名義変更は、法務局で行う登記手続きの一つですので、これは「登記」の手続全般に共通するお話です。

法律では、自分で登記をすることを、原則としています。
ただ、登記は、法律に決められとおりに行わなければなりません。
法律というと、おそらく、難しいイメージがありますし、実際、法律に慣れていない方からすると、難しいかもしれません。
でも、登記に関する書籍がたくさん売られていますし、インターネットで検索すれば、登記手続きについて紹介したサイトもたくさんあります。
ですので、その方法を調べて、自分で不動産の名義変更の手続きを行うことも不可能ではありません。
しかし、一番手っ取り早いのは、法務局で相談する方法と、司法書士に依頼する方法です。

 

 

◯法務局で相談

 

法務局では、登記について、無料相談を行っていますので、法務局で不動産の名義変更について、教えてもらうことができます。
ただ、法務局の相談員の方に説明を受けながら、自分で必要な書類をそろえて、自分で書類を作らなければいけないので、何度か法務局へ行く必要があります。
ですので、法務局で相談する方法は、費用はかかりませんが、時間と手間がかかります。
また、不動産の所在地によって、法務局の管轄が決められていますので、その不動産の管轄を調べて、決められた管轄の法務局へ相談に行く必要があります。

 

 

◯司法書士へ依頼

 

登記の専門家は、司法書士です。
司法書士に依頼すれば、書類をそろえて、法務局への申請、権利証の発行まで、請け負ってくれます。ただし、印鑑証明書など、一部、司法書士が取得できない書類もありますので、そのような書類については、市役所などへご自分で取得しに行っていただく必要があります。
司法書士に登記手続きの代理を依頼すると、時間や手間を省くことができますが、その分、司法書士に支払う報酬が発生します。
前回ご説明しました登記の税金は、自分で登記手続きを行なっても、どの司法書士に頼んでも、同じですが、司法書士の報酬は、司法書士が個々に自由に決めることができますので、依頼する司法書士によって、その金額が異なります。

 

 

当事務所でも
不動産の名義変更の報酬基準を定めていますが(→http://www.moritaka-leo.jp/estate/)、登記の内容や事情により金額が変動する場合もございます。
不動産の名義変更について、少しでも疑問に思われることがありましたら、お気軽にご相談ください。
→ お電話 06-6310-1707
→ お問合せフォーム http://www.moritaka-leo.jp/contact/